洗浄と発電効率|メガウォッシュ

洗浄と発電効率

発電率低下

神奈川県 某発電所(13,000KW)

3年で約20%の発電率の低下が発生している事になります。

【洗浄後】

13,481,000KWhに回復→7.59%UP!

【洗浄後半年経過】

13,275,000KWh→1.53%DOWN

発電率の低下

知らぬ間に損なわれている利益

当初はメンテナンスフリーと言われてましたが

①経年や現場状況により発電率は低下します。

しかし!

②洗浄により、発電効率は回復します!

③回復効果は半年程度持続します。

コスト損益シミュレーション

洗浄後の回復シュミレーション(神奈川県 某発電所)

当施設の場合、回復率が2%を超えてくれば利益が発生する事がわかります。

1枚100円の洗浄単価で6,000枚のパネル保有、つまり洗浄コスト¥600,000/年が目安となっています。
洗浄コストは枚数や洗浄単価によって変動します。

損益分岐算出表(目安)

損益分岐算出表(上の神奈川県某発電所同様、洗浄コスト¥600,000/年の場合)
オレンジ枠内が採算ラインです。

各年で損益の分岐点となる回復率は徐々に上がる傾向にあります。

つまり昔と比べ、発電量の回復率が上昇(オレンジ枠:2%から6%へ)しないと運営者の利益が確保できなくなってきているのです。

発電効率を回復させるための対応を取る事が最優先です。